ブレーキフルード交換

ブレーキフルード交換しました。
約2年半ぶりです。
前回は2018年12月2日、8,762kmで交換。
現在の走行距離は18,642km。


今回使用するフルードはHONDAのDOT4








リアから。








ブリーダーボルト内のフルードはコヨリで吸い取って終了。










リザーバータンク。

ビフォー↓








アフター↓






茶色いフルードがキレイな透明になりました。




排出したフルードはこれぐらいの量。












続いてフロント。
右側から。






左側も終了。




フロントリザーバータンク。
ビフォー↓








アフター↓








リア側で排出したフルードとフロント側で排出したフルードの全排出量はこれぐらい。








ブレーキペダルとブレーキレバーの操作感が固くカッチリしました♪


エンジンオイル交換も近日中にやりたいと思います。




マキノ高原キャンプ

久しぶりにキャンプツーリング。
滋賀県のマキノ高原に行って来ました。


往路途中休憩、道の駅妹子の郷。








今回も荷物満載になってしまいましたw






で、到着。
昼過ぎ早々に到着してサクッと設営完了。
今回、DDタープ4×4を初張り。
先日紹介したアクアクエストタープは訳ありで返品しました。
そしてDDタープ購入です。
モスキートネットとコットも導入。








キャンプ場に行く途中にメタセコイヤ並木通りがあります。その道沿いに薪が売ってたので購入。
よくある杉じゃなくてクヌギです。








300円。
量は少ないけど私には十分。






ノコで半分にカット。
半分カットは容易いですが・・・
モーラナイフでのバトニングは苦労。
とても堅い。
途中でめげました・・・








夕食前にキャンプ場内の温泉に浸かり・・・
出てくると夕焼け小焼け。
金曜日だったので人もまばら。












メスティンでご飯を0.7号ぐらい炊いて。








相変わらずBBQです。






クヌギの薪で焚火しながらお酒呑んで22:00頃就寝。






モスキートネットでは寒いかなとちょっと懸念してましたが、夏キャンプには大丈夫そうです。
というより、涼しくてgood!
夜の気温によりますが。





今回、新しいグッズを数点導入しましたが、いろいろとよかった事、そして課題も見えてきました。
キャンプの都度、何か発見があります。




翌朝、ゆっくり撤収して帰宅。


しかし・・・
行き帰り猛暑の走行はやっぱりキツい。
疲れた。




シフトインジケーター

最近、Vストのシフト表示が誤表示する事が時々ある。
1速から「N」にシフトしたのに「2」を表示したり・・・(2速ではなく間違いなくNに入っているのに)
シフトペダルをカチャって触れば治るけど。


ギアポジションセンサーが原因か?
とりあえず、センサーを外して見てみようかとスプロケカバーを外してみたが・・・








白い部分のパーツね。










このセンサーを止めている左右のヘキサボルト2個。
ネジロック剤で止めているらしく、かなり固い。
外れたとしてもオイルが漏れてくるらしいので、オイル交換時に見る方がいいかもしれない。
外すのやめておきます。


このパーツ、約5,500円ぐらいするみたいです。
高い。


そもそも、このパーツ不良とも限らない。
このパーツには接点が有って、その接点へエンジン側からグルグル回るピン?ポイント?が接触して何速になっているか分かるという仕組みのようだ。
接触不良?かなぁ・・・
接点磨きで治るかなぁ?
オイル交換すると治るかなぁ?




センサーパーツの写真 ↓
Vストのパーツじゃないけど、スズキのバイクのセンサー
(ネットから写真お借りしました)




完全におかしくなっている訳じゃないのでしばらく様子見。
次回のオイル交換で症状改善すれば良いが・・・




アクアクエストタープ

タープを購入しました。Amazonで。
アクアクエストって言うメーカーのタープ。
アクアクエストのタープには数種類あって、
「ディフェンダー」という割と丈夫?なタイプ。大きさは3m×4mを選びました。
色はオリーブ。








収納サイズ、長さが約38cm








幅が約16cm
厚みは約8cm?ぐらい
重さは約1.8kg






結構しっかり目のタープですね。


メジャーなDDタープを買うか最後まで悩みましたが、こちらは陽射しの下での陰が濃いらい。そして丈夫らしい。(ネット情報ですが・・・)


価格はDDタープとほぼ同じクラスでしょうか。


このタープは、タープ本体のみで付属品は無し。


昨日届いたチタンペグ及びガイロープを使う予定です。
ポールはとりあえず手持ちのスノーピークを使います。


次回のキャンプでデビューしてもらいます♪






ガイロープとロスコの袋

タープ用にガイロープを購入。4mm、50m巻き。
それと綿の袋。ロスコのランドリーバッグを購入。












表皮がポリエステル製はよくあるみたいですが、これは芯材もポリエステルらしい。
色はグレー。
夜、ライトに反射するみたい。
夜、部屋の電気を消してiPhoneのLEDライトで照らしたら、まあ光ってました。




5m物を4本、4m物を4本作りました。
余りはそのままにしておきます。










ロスコの袋は、縦約78cm 横約61cm。












まあまあデカイです。
生地は分厚く、まあまあしっかりしている。
キャンプ用品をバイクに積載する時に使おうかと。
薪などのささくれた物や汚れても良いものを入れたりする用に、いいかなと。


敷物にも良いかも。


さて、あと・・・
タープが届く予定です♪






チタンペグ

チタンペグを購入しました。
Yahoo! ショッピングで30cm物8本セット。






やっぱり軽いですね。
軽いけど、強度は高く錆びに強い。




溶接部ほか特に問題は無さそうです。


メーカー名文字のプリント?もあります。


titaniumって文字も。










先端部も特に問題なし。










付属の袋は薄~い生地。
オマケですね。








以前、同社の長さ24cmのチタンペグを購入しました。テント用に。

今回は、タープ用に30cm。


次回のキャンプで使いましょう。






コーナンメスティンほか購入

ホームセンターコーナンでメスティンと焼き網を購入。
セリアでガイロープ用の自在金具もゲット。






「ホームセンターコーナン」は関西方面?にあるホームセンター。
最近ではニトリとかドンキホーテとかワークマンとかいろんなお店でメスティンが出てますね。
このコーナンメスティンは、フタの閉まり具合とか、アルミ表面のキレイさとかなかなか良さげです。
税込1,078円でした。




フタを外した写真。
フタの下側には縁取り?(膨らんだ部分)があって強度的にも良さげです。
米1合とか1.5合とかの目盛りもある。






エスビットにぴったり乗ります!












小さな焼き網もホームセンターコーナンで購入。
税込107円で、100均より安い。
これ、エスビットやガスバーナーに乗せたり、先日購入した焚火台に乗せて使う予定。




そしてセリアの自在金具。
これ、ロープを通す穴にちょっとバリがある。
気にするほどではないかもしれないけど・・・
ヤスリでバリ取りしておきました。


今日、このほかにAmazonで数点、ポチポチしました。


近日中に届くでしょう。
そのうち紹介します。




自作キャンプテーブル改良

以前、こんなキャンプテーブルを自作しました。






当時の記事はこちら


これ、結構頑丈だけど重い。また、キャンプ地での組み立て、ばらしが面倒くさい。


そこで改良してみました。
これを使います。↓






以前購入した、よくある安いコンパクトチェア。
買ったけど、ほとんど使っていないので、このチェアの脚の部分だけ利用します。






布部分を外して利用。
布部分は金属プレートとネジで固定されているので簡単に外せます。


ハイ、いきなり完成写真!






裏側はこんな感じ。










バイクに積む時は、この脚部分だけ外して、板(檜集成材30cm×45cm  厚み1.2cm)に30cmのイレクターパイプ2本をセットします。
イレクターパイプ(矢崎イレクターパイプ)を取り付けているパーツは4個(パーツナンバーはJー46)
今回、パイプの間隔は平行、20cmでセット。


この板にパイプをセットする理由は、バイク(V−Strom650XT)のシートに取り付ける時の安定性確保。


今回、板に油性ニスを塗りました。
かなり塗りムラがありますが・・・






この板部分をバイクに積載時した時はこんな感じ。
積載時の底板です。












2本のパイプ部がちょうどリアシートの膨らみカーブにフィットして安定。


シート保護のため、ウレタンスポンジシートを敷いてます。






グラブバーには干渉しません。


以前のバージョン。荷物積載時の写真↓
パニアケースのふたは開閉可能。






キャンプ地に着いたら、バイクから下ろして、2本のパイプを外し・・・
(2本のパイプを外さないと今回利用するチェア脚部がパイプに干渉するんです)


別積載しているチェア脚部をワンタッチで取り付けるだけ。
この脚部はアルミかな、軽いです。


板への固定はテントなどを固定する自在金具付きのロープです。100均物。








ロープの端は、写真真ん中に写ってるフック(L時金具)に引っ掛けるだけ。












外したイレクターパイプ2本は、脚部を入れていた袋に入れてテーブル下に。






今回の改良で軽量化が図れました。また、積載底板としての利用からテーブルへの変更が楽になりました。




以前のバージョンのテーブル天面高はイレクターパイプの長さ30cmプラス板厚1.2cmの約31cm。 ↓








今回の改良型のテーブル天面高は約27cm。






良い感じに改良出来ました。


次回のキャンプツーリングでさっそく使用してみましょう!




アクセスカウンター
最新コメント
<>+-
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitterやってます
プロフィール

青ゆず

Author:青ゆず
2012年5月、ホンダのバイクNC700Xでリターンライダーとなりました。
2014年7月にNC700Xからセロー250に乗り替え、2017年9月にセロー250からV-Strom650XTに乗り替えました。

当ブログはリンクフリーです。リンク大歓迎で、連絡は不要です。http://inasanohama.blog.fc2.com/

古〜い過去記事でもコメント戴けるとうれしいです♪

フリーエリア
カテゴリ
ECU (5)
ETC (6)
最新記事
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示