V−Strom650 ライトバルブ交換


ヘッドライトのローバルブが点灯しません。
バルブが切れたようです。

念のため、ヒューズも確認しましたがヒューズは切れてない。

私のVスト2017式以降のヘッドライトのロー側はH7バルブ。
ホームセンターで買ってきました。
1,628円(税込)









キーONで、ポジションランプだけしか点いてない。







ハイ側はOK。2017年式以降はヘッドライトバルブは上下配置。
ハイ側は下で、ロー側は上です。




バルブにアクセスするのにメーターパネルを外した方がやり易い。
というか、外さないとアクセスできない?
ちょっと面倒です。





丸いキャップを外して、コネクタ抜いて、
バネ押さえ外して・・・
サクッと交換。

メーターパネルのコネクタを抜くと時計表示が狂うので、時刻合わせをする必要があります。






現在の走行距離約15,300km。

ブログなどの情報だと、1,5000km~17,000kmほどで切れたというものが多いようですね。

次、30,000km前後で切れるかもしれません。


ペアスロープ SG-088-杢

夏用メッシュジャケットを新調しました。
ペアスロープのSG-088-杢
色はブルー、サイズLL

今まで着ていたメッシュジャケットは8年前に買ったラフ&ロードの安いやつ。
くたびれてきたので新調です。

私にとっては、躊躇する値でしたが、思い切って購入。









↓ ネットから




先日のひるがの高原キャンツーでデビュー。
良い着心地でした。
全面メッシュじゃないので、朝夕は寒すぎず快適。
黒い部分がメッシュで、青い部分はジーンズよりも、ちょっと高級感あるしっとりした布地素材。
要所に布製パッドも入ってます。
脇から背中にかけては風が程よく抜けます。

また数年、お世話になります。



チタンペグ&ナイフほか


キャンプグッズをポチ!

今回は、以前から懸案だったペグ。
テントに付属のヤワなペグをグレードアップ。
チタンペグに。

スノーピークのペグも検討したけど、錆びるらしいので、チタン製を選択。
とりあえず4本購入。
24cmです。とにかく軽い。
強度も凄いらしい。
Amazonで評価がまあまあ良さそうでした。






それと、ナイフ。
モーラナイフ。
ナイフにこだわると奥が深いそうですが、私はよくわからないので、とりあえずこれを。






次はこれ。
持っているリッジレストソーライトマット用の袋です。
黒い袋。
なんの変哲もない袋ですが・・・











次。
空気を入れて使うマット。
小さく収納可能。
リッジレストマットの下に敷いてみようと思います。
地面がゴツゴツしているサイトの対策。
もし、これだけで大丈夫だったらリッジレストマットを積載せずに済むかも。

でも、リッジレストはお気に入りなんで、持って行きたいんです。
このエアマット+リッジレストの2段構えになるかも・・・




以上、4点。
ポチってみました。
今度のキャンツーで活躍してもらいます。



オイル交換5回目


オイル交換5回目です。
現在の走行距離15,188km。
今回はフィルターも交換します。

前回のオイル交換が10,775kmだったので、4,413km走行での交換。

オイルはエーゼットのMEG-018
フィルターはスズキ純正。

前回交換時のオイルが約2L残ってました。





ビフォーアフターから。
ビフォー ↓





アフター ↓




排出中。
やっぱりそれなりに黒くなってます。





ドレンボルトの磁石部分に鉄粉等の付着はなし。
社外品のアルミワッシャーも特に潰れているような感じはありませんが、交換しておきます。





フィルターもサクッと交換。







この土日も梅雨空。
雨が降るようなので、走りには行けません。


ひるがの高原キャンプ②

ひるがの高原キャンプ場は林間サイト。
静かで良いところです。







日曜日の泊なので、キャンプ客は少なく、場所はほぼ自由に選択。
奥の方に新型ジムニーさんが。




米は今回0.5合にしました。
水加減はこんな感じで良いかどうか・・・





エスビットで固形燃料ほったらかし炊飯。
自作テーブルの下段にセット。





結果、上手く炊けました。





レトルトカレーとソーセージボイル。
スープも。




日が暮れ。
2本目ビール🍺
LEDランプが良い感じです。





焚き火を楽しみながらビールが進むw




このキャンプ場は標高が高いこともあり夜は冷えます。

朝はまったりとコーヒー。





ゆっくりと撤収して福井周りで大阪まで帰ります。
自作テーブルが良い具合に荷物積載の底板代りになってます。




さて、出発。





大野市の道の駅。
「九頭竜」で休憩。





越前市で山かけ蕎麦をいただいて帰りました。




今回は2日で約580kmの走行。
久しぶりのツーリングというかキャンプでした。

さて、次は梅雨が明けてからですかね。



ひるがの高原キャンプ


岐阜県のひるがの高原キャンプ場に来てます。
ここは3度目かな。

大阪を6:15出発して14:15着。


テント設営完了。
もうビール飲んでます🍺

先日、自作したテーブルも良い感じ。




今回、このLEDランプ&ランタンスタンド
デビュー。

ランタンスタンド(棒ですね)も、自作テーブルにしっくり付きました。












晩ごはんは、米炊いてレトルトカレーの予定。

暗くなったら焚き火もしますよ。



自作キャンプテーブル完成

キャンプ用テーブル完成です。

正面から ↓



上下2段式。
下段にも物が置けます。



側面から ↓



座れるぐらい、ガッチリ丈夫です。




天板には贅沢にヒノキ材です。良い匂いがしますよ。
下段はベニア材。





ひっくり返した図 ↓



下段の板の止め方は、もうちょい工夫の余地ありか・・・


裏側。
天板と下段の板の2枚組。






ツーリング時、合体の図。






天板の裏側は、テーブルの足とか必要パーツがまとまって取り付いてます。
組み立てるときに外せるようになってます。

足のパイプがちょい斜めに収めているのは・・・
意味があります。






Vストのシート後ろ側にしっくり収まる様に斜めなんです。




天板を取り付ける前に収まり具合を確かめておきました。
ちょうどリアシート部の盛り上がっている部分にしっくり収まります。






この自作テーブル天板、下段ともに、幅450mm、奥行き300mm、厚み12mm。

幅450mmなので左右にパニアケースを付けてもパニアケースのフタは開閉可能なはずです。

キャンプツーリング時には、このテーブル、
良い具合に荷物積載の底板になると思います。

思ったよりちょっと予算かかりましたが、まあ満足のいく出来。

あとは、キャンプでの使い具合を確かめるだけです。




キャンプ用テーブル自作

木製のキャンプテーブル作ることにしました。

キャプテンスタッグのテーブル、いわゆる鹿番長のアレを使ってるんですが、ちょっと低くて持ち上げるとぐらぐらして扱いにくいんです。

熱い物が置けて適度な大きさの木製テーブルが欲しい。既成品いろいろ売ってますが、今ひとつ欲しい物がない。

で、作ることにしました。
外せない条件はコンパクトでVストにスマートに積載できるもの。
いろいろ構想して、板とイレクターパイプで作ることに。

ホムセンで矢崎のイレクターパイプと必要なパーツを買ってきました。












ちょっと足りないパーツがあるので、また明日ホムセンに行きます。

つづく・・・



アクセスカウンター
最新コメント
<>+-
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Twitterやってます
プロフィール

青ゆず

Author:青ゆず
2012年5月、ホンダのバイクNC700Xでリターンライダーとなりました。
2014年7月にNC700Xからセロー250に乗り替え、2017年9月にセロー250からV-Strom650XTに乗り替えました。

当ブログはリンクフリーです。リンク大歓迎で、連絡は不要です。http://inasanohama.blog.fc2.com/

古〜い過去記事でもコメント戴けるとうれしいです♪

フリーエリア
カテゴリ
ECU (5)
ETC (6)
最新記事
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示