セロー洗車

お山に行ったのでこの通り。




で、
洗車。



マフラーの穴に栓をして。


はい、きれいになりました。








NーBOX洗車

NーBOXを久しぶりにワックス洗車。



バイクと違って、車の洗車は疲れる~

でも久しぶりにきれいになってまあ、満足。

ほとんど、私は乗ってなくて、嫁さんの足なんですけど・・・


洗車はいつも私・・・(^^;







バイクスタンド

こんなバイクスタンドが欲しいんだが・・・





リフト高が340mmかぁ・・・







セローのリアアームを測ってみたら、

うーん微妙

340mm以上、上げないとタイヤ浮かないよなぁ。


パンタ式のこんなジャッキ

持ってるけど・・・重いし・・・ひっぱり出して来て、車体の下に当てがって・・・

ぐるぐる回してリフトアップするのめんどくさいんですよねぇ。😩












セロータイヤ交換完了

昨日、お店にホイール持込で組み込んだD605。

今日、セローに取り付けました。




↓ リア






↓ フロント






↓ リアのバランスウエイト。
ホイールの左右それぞれの面に15g付いてます。






↓ フロントのバランスウエイト。
10g(?)が2個。






ホイールを外したついでにチェーン清掃。




で、
試し乗りはこれからです(^.^)






セロータイヤ交換

セローのタイヤを前後とも交換しました。
交換はお店に任せますが、ホイールを外して持込。
少しでも工賃を安くあげます(^^;;







前後ともホイールを外しているので若干不安定。
リアだけ車用のジャッキを保険的にかましておきました。




NーBOXに積み込んでお店に。




↓ リア。





↓ フロント



走行距離は、約11,300kmでの交換になりました。








ホイールバランスもしっかり取ってくれてます♪


新車購入時はブリジストンのTW301、TW302が組まれてましたが、今回交換したのは、前後ともダンロップのD605。
フロントはチューブも交換。
リアはチューブレスです。バルブも交換。



交換に行ったのが夕方になったので、交換したホイールを家に持って帰ったらもう暗くなってしまいました。

車体に取り付けるのは明日にします♪









サイレンサーキャップもどき?

セローを洗車するとき、サイレンサーの穴から水が入らないように気を使います。
NC700Xに乗ってたころは、洗車時はサイレンサーの穴にガムテープを貼ったりしてましたね。

セローのサイレンサーの穴の直径は約17mm。










このようなサイレンサーキャップなるものも売ってますが・・・

images_201601111713232ef.jpg





なにか、代用できるものは無いか100円ショップで探したところ、
「ワインキャップ(シリコン製)」なるものを見つけました。↓

05_201601111703149db.jpg

シリコンで出来てます。
軟らかい♪
飲みかけのワインボトルに栓をしておく物のようです。
大きい方が瓶の口に刺す方。(貫通してます)
小さい方はその上から栓をしておく物。(貫通してません)

これをセローのお尻に突っ込んでみましょう






↓ ぴったし

03_20160111170311704.jpg




04_201601111703120dc.jpg







↓ 瓶の口に突っ込む方もなんとか入りますよ~

02_2016011117031103e.jpg


これで、洗車のときにセローちゃんのお尻に栓をしておけば水が入りませんね。







セローの最低地上高

セローの最低地上高を測定しました。

写真に写っているパンタグラフ式ジャッキを持っているんですが、これは上げ下ろしがちょっとめんどくさい。
上げ下げには、ボルト(?)部分にラチェットをかましてでグリグリ回す必要ありです。

将来は、ワンタッチで上げ下げできるリフトが欲しいなぁと。
そこで、セローの最低地上高とか、タイヤが浮く高さなどを測ってみました。


まずは、なにもリフトしていない状態の高さ。(サイドスタンドで左側に傾いた状態の最低地上高)
↓ 約265mmです。










次は、リフトアップしてフロントタイヤとリアタイヤがギリギリ浮くか浮かないかの高さ。
↓ 約290mm

セローのカタログ値では最低地上高が285mmとなっているので、まあその値に近い。

02_20151229170215ce3.jpg





フロントタイヤが浮くように、ジャッキを当てる位置を前寄りにして測定。
フロントタイヤが浮いて、クルクル回せる高さは、
↓ 約315mm

03_20151229170216610.jpg





リアタイヤが浮くように、ジャッキを当てる位置を後ろ寄りにして測定。
リアタイヤが浮いて、クルクル回せる高さは、
↓ 約325mm

04-2.jpg




ジャッキを当てる位置を微妙に調整して、前後両方のタイヤが浮くようにすることも可能です。
ジャッキを当てる位置を調整するというより、このタイプのジャッキだと適当な位置にジャッキを当てればなんとかなります。
330mmぐらいアップした後にセローをジャッキの上でぐりぐり前後方向に揺すって動かせば、前後タイヤが浮く重心位置に持って行けます。

私のセローにはアンダーガードが付いているのでジャッキとの接触面が平面で動かし易い。
セローは130kgで軽いというのもありますね。



まとめ
ジャッキアップする前の高さが265mm以下で、ジャッキアップ後の高さが325mm以上のバイクリフト(ジャッキ)がセロー250には適当みたいです
(サスのへたり具合やタイヤのブロックの減り具合などで微妙に違いがでるかもしれません。あくまで参考値ということで)






ジャッキアップしたついでに、チェーンに給油しときました

05_20151229170219b0f.jpg

現在のオドメーター10,101km
2015年はこのオドで終了になりそうです。



皆様、良いお年をお迎えください




プレクサス2本目

使ってた198g入りのプレクサスが底をついた。

NC700Xに乗り始めた頃に買ったやつ。

約3年持った。

車体各部やヘルメットを磨くのに重宝しましたね。

特に不満もないので、リピートします。
ドンキに行ったら368g入りが安く売っていたので買って来ました。

税抜で1,880円♪

セローは、磨く面積が少ないの数年持ちそうです。

オイルは買ったけど

間も無く予定しているオイル交換に備えオイルを買いました。

ヤマルーブスポーツにする予定でしたが、ちょっとだけ奮発してヤマルーブプレミアムに。
ついでにワコーズのチェーンルブとメンテルーブも。
用意はできたけど、定期交換距離としている3,000kmまでもう少し距離が足らない。

天気が良くなかったり、寒くなったりで走行距離が伸びません~

セローグリスアップ

セローのホイールシャフトのグリスアップです。

現在のオド7,411km。


リアホイールをサックっと外します。








シャフトに錆など無くきれい。
グリスはうっすら残ってました。

ただ、チェーンがちょっと硬くなってますね~
錆など無くきれいなんですが・・・

後でチェーン清掃しましょう。




清掃しました♪

フロントホイールも外してシャフト点検。こっちもきれいでしたが、ホイールカラーとシャフトにグリスアップ。





組み上げて終了。

セローはNCに比べてホイールが軽いんで、メンテが楽でした♪

アクセスカウンター
最新コメント
<>+-
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Twitterやってます
プロフィール

青ゆず

Author:青ゆず
2012年5月、ホンダのバイクNC700Xでリターンライダーとなりました。
2014年7月NC700Xからセロー250に乗り替えました。

当ブログはリンクフリーです。リンク大歓迎で、連絡は不要です。http://inasanohama.blog.fc2.com/

古〜い過去記事でもコメント戴けるとうれしいです♪

フリーエリア
カテゴリ
ECU (5)
ETC (4)
最新記事
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示