シリンダヘッドオイルシール

以前、カムチェーンカバー?辺りからのオイル滲み?が疑われた記事を書きました。

カバーを外してみました。






オイルシールが張り付いてましたが、まあ普通に剥がせます。



シールの断面はもう、丸くはありません。
ペチャンコです。











カバーの直下の六角ボルトの凹になんか再びオイル?が溜まっているんですよね~(-_-;)





前回、この症状があった時、カバーを留めてるボルトを増し締めしたんですがねぇ・・・

増し締めじゃダメだったようです。

オイルシールを新品交換することにしましょう。
シール劣化?
まあ、仕方ない。

そういえば昔、一時期所有していた225セローもシリンダヘッド周りからの(オイルシール)オイル滲みは持病?だったような・・・



とりあえず、カバーを元どおり戻しておきました。








セローブレーキ清掃

ブレーキキャリパのピストン清掃しました。

まずはフロント。


キャリパボルト×2本外して。






下側の1本は、前回外した時に錆びてたので磨いてます。
上側は、大丈夫。





パッドを外して。






現在、走行距離約15,000kmですが、パッドの残量はまだまだ大丈夫そう。







清掃前。
そんなにひどく汚れてませんが、ブレーキダストが付いてます。







清掃後。
きれいになりました♪
ピストン揉み出しも行い、ピストンがスムースに動きます。






ピストンの内側も清掃しておきました。






組み上げてフロントは終了。







続いて、リア。
ピストンにブレーキダストがありますね。






パッドピンをサクッと抜いて。






前回、シリコングリスを薄く塗っていたので、錆び無し。






リアパッドもまだまだ大丈夫。







フロント同様に清掃して、揉み出し。
きれいになりましたね♪






組み上げて終了。
リアパッドを取り付ける時は、パッドピンは前側を先に入れて、後側は後から入れると取り付け易かったです。




以上、ブレーキメンテ終了。

今日は、ブレーキメンテのほかにクラッチケーブル給油、プラグ点検、フロントスプロケット清掃もしておきました。

ブレーキフルード交換もそろそろしたいんですが、オイル交換が間もなくなので、その時に一緒にやりたいと思います。








セローダストシール

寒くて、走りに行くのが億劫です。

で、
今日はフォークの点検。
セローにはダストブーツが付いてるのでフォークの状態確認するには、このブーツをめくらないといけません。

ブーツ下側は手でめくることが可能。








ダストシール部に少し砂埃?が付着してます。
↓右側





↓左側






↓ブーツの裏側にも。






シリコンスプレーで清掃しておきました。







キレイになりました♪





最近、メンテナンスっていうほどじゃないですが、触ってばっかり。

走りに行ってませんな~(*´-`)







チェーン清掃給脂

導入したスタンドを使って早速チェーン清掃給脂しました。




やはり、セローのお腹をリフトアップするジャッキよりも、このスタンドの方が気楽にリフトできますね♪





オイル量点検窓からのオイル量点検もバイクが水平になるので点検し易いです。





リアメンテナンススタンド♪

リアホイールを上げるリアメンテナンススタンド。(ツールズアイランドの製品)
届きました。




セローには上げるのに高さが足りないかもと心配してましたが、そのままでOKでした♪






少しですがリアタイヤは地面から浮いてます。
ホイールをクルクル回せますので、チェーンメンテナンスも楽にできますね。

ツーリストなどのタイヤ高があるタイヤだと、微妙に浮かないかも?
当てる部分のゴム?などを何か工夫して改造すればイケるかな。












このスタンドを使う時は車体が前に動かないように、フロントブレーキを効かせておきます。

ブレーキレバーを引いてマジックテープでロックしておきました。







左側は、この辺りに当てて、




右側はこの辺に。




セローは車体が軽いので、ひとりでも危なげなくリフトアップできます。
カンタンです♪
上げ降ろし軽い。






重さは約5kgぐらい。
パイプに繋ぎ目もないししっかり感があります。

なかなか良い買い物をしたかも。



でも、

かみさんに「何これ、でかくてじゃま!」
って言われてます~😅







リアメンテナンススタンド

前から導入しようしようと思ってたこんな感じのスタンド。

ポチしました♪




リフトタイプは持っているんですが、重くて使うのが面倒なんですよねぇ。




今週中には届く予定。
(写真はネットから)

届いたら使用感など記事にしたいと思います。


ただ、
このスタンド、セローには微妙に高さが足りない懸念が。
まあ、分かってて買うんですが・・・(爆)

ちょっとだけ細工が必要かもしれません。
その辺もいずれブログネタに(^^;;







フォークブーツ脱がしてみた

ふと、フォークブーツの中を覗いてみたくなった。

フォークに点錆びとか出て無いだろうかと。

点検。




フェンダーを外して、フォークブーツを止めているブーツ上部リングのプラスネジを緩めればブーツを下方向に下げることができます。


結果、
フォークには錆びなど無し。
きれいでした♪

まあ、納車からまだ2年と4ヶ月ですもんね。







とりあえず、メンテルーブを染み込ませたウエスでフォークを拭き拭きして、元に戻しておきました。



そのうち、フォークオイルも交換しないとな~




フォークブーツを下げた画って、なんか靴下がずり落ちた脚みたいに見えるなぁ😅










ジリジリ~ンの原因

先日から、セローを走らせてると、50km/hぐらいの速度になると、セローのヘッドライト?ハンドル辺り?からジリジリーンって音が・・・

なんかネジでも緩んでるみたいな音。

ヘッドライト周りをバラしてみるも原因つかめず。

音がする時としない時がある。
まあ、気にするほどのものでもないかーって思っていたんです。

が、

昨日のツーでなんかやっぱり気になってきた。
ハンドル辺りがどうも怪しい。
やっぱりジリジリ音がします。





ハンドル辺りに絞って観察です。






おや~

グリップゴムとスイッチボックスの間に薄い金属製の板があります。
これがあるのは知っていたんですが、特に気にしてなかったです。
この板って何の役割があるのでしょう?

セローの左スイッチボックスにあるハザードスイッチがグリップゴムに押されて動きにくくされないようにする滑りの役目ですかね~




20161106103829658.png


パーツリストで確認。
6番の「ワッシャ」ですね。

このワッシャがちょいグラグラ動いてますわ。
このワッシャがグラグラしてジリジリーンって音がしてるんじゃないかぁ?



グリップゴムをもう少し右側に押し込めば良さそうですが、動かない。
私のセローのグリップはグリップヒーター。
自分でグリップヒーターを取り付けした時に、隙間がちょっと広がったみたい。

で、

グリップとワッシャの隙間に細いゴムひもを入れました。
これで、ワッシャは動かない。
ハザードスイッチもOK。



さて、これで解決してくれればいいんですが。

確認のため、ちょっと走りに行こうかと思ったら、曇ってきました。💦








とりあえずOK?





先日のオイル滲み。
とりあえず、シリンダーヘッドカムカバー?を止めてる2本のボルトを増し締め。
汚れてたところは清掃。






走って来ました。
滲んでないので、とりあえずOKかな。






オイル漏れ⁉︎

おや~

オイル?





オイルが付着しているような・・・

いや、付着してるわ(・・;)













シリンダーヘッドを締めてるボルト付近。

いや、
よく見ると・・・

このボルトから漏れてるんじゃなくて、
シリンダーヘッドカム?カバーの下部からじゃないかな~

パーツリストで見ると・・・





22番のOリングがどうも怪しい気がする。


今度、カバー外して確認してみよう。



やれやれ😩




アクセスカウンター
最新コメント
<>+-
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
Twitterやってます
プロフィール

青ゆず

Author:青ゆず
2012年5月、ホンダのバイクNC700Xでリターンライダーとなりました。
2014年7月NC700Xからセロー250に乗り替えました。

当ブログはリンクフリーです。リンク大歓迎で、連絡は不要です。http://inasanohama.blog.fc2.com/

古〜い過去記事でもコメント戴けるとうれしいです♪

フリーエリア
カテゴリ
ECU (5)
ETC (4)
最新記事
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示