グリップヒーター補修

セローのグリップヒーター。
アクセル側のグリップ部の接着が緩くなったようで、手で回すと抜けそうです。






はい、簡単に抜けてしまいました。💦







グリップを接着する時にボンドの量が少なかったようです。
再度、ボンドで接着しましょう。

古い固着したボンドを削り落としておきました。







ボンドをたっぷり塗って、再接着。
これで大丈夫でしょう♪






やっぱり

グリップヒーターの温度を調整する液晶表示部分のスイッチ。
電圧計も兼ねてます。

先日、グリップヒーターオンで走ってたら暖まらない。

おやって、液晶表示見たら表示がめちゃクチャ💦
文字になってない。

スイッチオン、オフを繰り返すと正常に。

うーん、買って1年しか経ってないのにもう壊れたか~って思ったが・・・





今日、改めて調べてみた。

案の定、アースに行ってるギボシ端子がゆるゆる。
しっかりはめたら治りました♪


やっぱり、電装系の不具合は接触不良をまず疑うことですね。



蝶ネジに変更

セローの定番。
工具入れカバーの蝶ネジ化。

今までは、こんなネジに変更していたんです↓






でもこのネジ、締め過ぎなのか手で回しにくい事が度々。
固いんです。手で外せない事があります。

そこで、やっぱり普通の蝶ネジに変更しました。
1個50円。



これだと、素手で開け閉めが確実に可能です♪







ETC表示ランプ修正とか

セローのETCの表示ランプ(LED)はインシュロックでしばりつけているんですが、びみょーに表示角度が気に入らない。

写真では赤色にはっきり確認できてますが、これは夕方に撮った写真。
昼間は点灯しているのがわかりづらい。

そこで、取り付け角度をびみょーに修正します。

01_20151123115226270.jpg

ヘッドライト部分を開けて、取り付け部までアクセスします。
ヘッドライト両脇横の六角ボルトを外すが、どうもヘッドライトの頭がうまく首をかしげない。

ヘッドライトバルブのコネクタ配線がきつくてうまく作業できません。

ヘッドライトコネクタを外します。
固い。

コネクタを外すには、グリグリゆっくり外す必要ありです。
手袋して作業したほうが良いかと。
かなり固くて素手だと滑ったとき怪我しそう。

コネクタの金属部分にシリコングリススプレーをしておきました。
滑りが良くなるように。

02_20151123115606f43.jpg

コネクタは何とか外れましたが、それでもヘッドライトの頭部分が開かないので作業しづらい。

フェンダーを外しちゃいます。

03_20151123115228a0e.jpg

フェンダー裏側から止まっているボルト4本を外して・・・

ヘッドライト側の黒い樹脂部分から2本のツノみたいものがフェンダー側に刺さってますのでそれも外します。
ちょっとシリコンスプレーを挿して滑りをよくして抜きます。

それと、ヘッドライト側の黒い樹脂部分の両側下部分(フェンダーと当たる部分)には、フェンダーを両脇から挟み込む爪みたいなものもあります。
写真でわかりますかね。

05_201511231152312d3.jpg

はい、外れました。

2本のツノみたいなものには今後、抜き差しがし易いように、シリコングリスを薄く塗っておきました。

06_20151123115252826.jpg

フェンダーの無いセロー・・・
ダウンフェンダーにしたらトラ車みたいな雰囲気になるのか・・・

04_20151123115230e98.jpg

はい。

頭がずいぶん開いて作業しやすくなりました♪

07_20151123115253190.jpg

ここで、注意点!
今後の作業のために備忘録。

ヘッドライトバルブのコネクタは抜いたほうが作業しやすいが、ブレーキホースと
ヘッドライト頭部分を止めているプラスチックのクランプ(?)は外さないほうが良い。

作業後に元通り嵌めようとしたら、すごく嵌め難くって難儀した。

写真で見にくいですがヘッドライトバルブコネクタ下にあるクランプです。
外して口が開いているクランプですね。(写真では、緑色と黄色のコネクタが当たっている右側のクランプです。元はブレーキホースに止めているクランプです)

参考に、ヘッドライトバルブを外す方法を確認しておきました。

08_201511231152556e8.jpg

黒いゴムカバー状のものは嵌っているだけなので、手前に抜けば外れます。
H4ライトバルブは、針金状のクリップをひっかっかりから外すだけですね。

今回は作業確認だけ。

このゴムカバーは上下方向の指定があるので元通りに。

09_20151123115256404.jpg

10_20151123115258cfb.jpg

11_201511231153114bd.jpg

肝心の、ETC表示ランプの取り付け修正は、インシュロックで縛り付け完了。↓

13_20151123124735905.jpg

元に戻して作業終了。
表示ランプはびみょーに見やすい角度に修正できました♪

ETCカードをセットすればLEDの赤色が緑色に変わります。

グリップヒーターのスイッチ(電圧表示してるやつ)もハンドルバーの真ん中あたりに移動しました。

12_201511231153135b4.jpg

今回は、ETCの表示取り付け修正というより、セローの頭の解体作業手順でしたね。

ところで、
そもそもETC。

セローで高速に乗る機会はほとんどありません・・・(爆)

セローにグリップヒーター

予てから検討していたグリップヒーターを購入。取り付けました♪

20151103181426c4c.jpeg

エンデュランスのHG120という商品。

グリップの長さに応じてHG115とか数種類あるようですが、HG120にしました。

セローのグリップ長をメジャーで測ったら120mmぐらいなのでこのHG120を選択。

セローにはこのHG120で正解のようです。


さっそく取り付け。

アクセルグリップ側は手でクルクルめくって簡単に外せました。


クラッチ側のグリップは簡単に外せないので、カッターで少しずつ切りながら外します。
左右両方外したらパーツクリーナーできれいにしてグリップヒーターをいよいよ取り付け。


アクセル側はすんなり入りました。

アクセルグリップ側には、念のためボンドを薄く塗って取り付け。

クラッチ側は中々入り辛いとの事前情報。

シリコンスプレーをハンドル側とグリップ側に充分スプレー。それでもかなりきつい!

あと2~3cmを残して入らない!

最後は養生の上でゴムハンマーで叩き入れました。




左右両方入ったら、後は配線。

これが一番時間がかかります。
配線状況の写真はありません(笑)


ちなみにこの商品。途中にヒューズもちゃんと装備されています。


ハンドルブレースにスイッチを兼ねた電圧計を取り付けて完成♪






バーエンドに被せるキャップも同梱されています。

これもボンドを塗って取り付けておきました。

さて、キーオン!

エンジンオフで12.3V。

エンジン掛けてアイドリングで13.7V。

このグリップヒーターいろいろと設定ができます。

任意に設定した電圧値より電圧が下がるとヒーターに供給する電源を切る(?)ようです。

この機能はありがたいですね。

バッテリー上がりが防げるんじゃないでしょうか。

その他、いろいろ設定可能のようです。

試しにアイドリングでヒーターオンしました。

ぬくぬくですよ(^^)
これで冬場のツーリングもおててが幸せです♪


インプレは、次回のツーリングで!

セローにハンドルブレース取り付け

NC700Xで使っていたハンドルブレースをセローに取り付けました。






使わなくなったiPhone4Sをナビ代わりに使っているけど、ハンドルに直付けはタンクバッグにちょっと干渉するんです。

そこで、このハンドルブレースでちょっと嵩上げ。

ちょっとマシになりました。


でも、このハンドルブレース。

ハンドルクランプとの間隔ギリギリ。


間隔は1mmぐらい。

もう少し長いハンドルブレースの方が良いようです。

ちなみにNC700Xで使っていたこのハンドルブレースはPOSHの226mm。

277mmという長いタイプもあるようですが、セローの純正ハンドルに取り付け可能かはわかりません。



NC700Xで使っていたお下がりですがしばらくこれを使ってみます。

不具合があればまた考えましょう。

オークション出品

タナックスのシートバッグを買ったので、トップケースをオークションに出品することにしました。




興味のある方は、某有名オークションで、
coocase 28
を検索してくださいね~

コマーシャルでした^^;




エアーメッシュシートカバー

NCに乗ってた時に使ってたエアーメッシュシートカバー。
セローに付けてみました。



取り付けするゴム紐部分が経年劣化で伸び伸び~💦

縛り付けてなんとか付きました。

これで夏場のお尻が少しは快適になるかな♪





セローにヘルメットホルダー

セローにサイドバッグサポートを取り付けたので、ヘルメットホルダーが位置的に使えなくなりました。
そもそも、純正のメットホルダーは、あまり使わずナスカンを利用した自作のヘルメットホルダーばかり使ってました。

この自作のヘルメットホルダーも位置的に使えなくなりましたので、適当な場所を探したところ・・・



↓ ここに移設。






↓ ハンドルを右に切ってメットを掛けて、大丈夫♪








↓ ハンドルを左に切っても大丈夫♪







↓ この自作メットホルダー、NC700Xに乗ってた時から使ってましたが、とても使い勝手が良いです。








ところで、フルフェイスメットをジェットヘルに換えたいんですが・・・

キャンプ道具を揃えた都合上、予算的にしばらく先になりそうです(爆)







セロー クラッチレバー

結局、レバー買ってきました。


先日、転倒して若干曲がったクラッチレバー。

叩いて修理したけど、ニギニギしたらなんか違和感あり。

純正レバーが、2りんかんにあったので買いました。

今、付いてるやつと交換します。

叩いて修理したやつは、予備に持っときましょうかね。








アクセスカウンター
最新コメント
<>+-
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
Twitterやってます
プロフィール

青ゆず

Author:青ゆず
2012年5月、ホンダのバイクNC700Xでリターンライダーとなりました。
2014年7月NC700Xからセロー250に乗り替えました。

当ブログはリンクフリーです。リンク大歓迎で、連絡は不要です。http://inasanohama.blog.fc2.com/

古〜い過去記事でもコメント戴けるとうれしいです♪

フリーエリア
カテゴリ
ECU (5)
ETC (4)
最新記事
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示