セロートップボックス取り付け

クーケース フュージョンV28 とオイルが届きました♪






早速開封~

02_2014111518353669e.jpg


03_20141115183536844.jpg




↓ インナーライナーは取り外せます♪
やわらかいウレタン?でできているので、ヘルメットとか荷物にキズが付かなくっていいですね
下側だけじゅなくって、上側にも付いてますよ。

11_20141115193635155.jpg



アライのフルフェイス、アストロIQのXLサイズを入れてフタを閉めることが可能。

04_20141115183538a3a.jpg



乗り降りするとき、ボックスが邪魔にならないよう、ベースはなるべく後ろの方に取り付けました。

05_20141115183539e8c.jpg


06_20141115183554fc9.jpg




横幅もスリムで、セロークラスのオフ車には、ちょうどよい感じじゃないでしょうか。

07_20141115183555904.jpg


08_201411151835570ba.jpg



クーケースの特徴のひとつ。
ふたを開けたまま固定が可能です。
フタの両サイドにつっかえ棒?みたいな仕組みがあって一番上まで開けるとフタが固定できます。
便利♪
09_20141115183559b9a.jpg



10_20141115183600547.jpg


今回、トップボックスを購入するに当たり、散々悩みました。
まず、ボックスの大きさ。
36L~39Lクラスも検討しましたが、横幅などが一回り大きくなり、セローのスリムさにちょっとどうかな~ってことで
結局28L~30Lにすることに。
実店舗をまわり、実際に商品を見比べたりして、このクーケースV28に決めました。

使用想定として、日帰りツーリングでの使用がメインであること。
カッパや、ちょっとした小物、お土産などが入ればよいこと。
普段使いで、ちょっとした物入れに使用したいこと。コンビにでの買い物とか。
ヘルメットも入れることができること。まあヘルメットはメットホルダーに掛ければいいですかね。

一泊程度の荷物もまあまあ入るかなってことで、このサイズに。
荷物が増えれば、別途リアシートに積めばいいかな。

GIVIの製品も比較しましたが、以前、クーケースを使用したことがあって、機能に不満がなかったことで今回もクーケースにしました。
クーケースは、前述したとおりインナーライナーが標準装備だし、なんといっても、キーを差し込まなくてもボタンワンプッシュでフタを開けることが可能。


さて、実際に使用してのインプレはまたいずれ書きたいと思います。



でも、急に寒くなってきましたねぇ
走りに行くのはいつになるか・・・




コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
最新コメント
<>+-
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitterやってます
プロフィール

青ゆず

Author:青ゆず
2012年5月、ホンダのバイクNC700Xでリターンライダーとなりました。
2014年7月にNC700Xからセロー250に乗り替え、2017年9月にセロー250からV-Strom650XTに乗り替えました。

当ブログはリンクフリーです。リンク大歓迎で、連絡は不要です。http://inasanohama.blog.fc2.com/

古〜い過去記事でもコメント戴けるとうれしいです♪

フリーエリア
カテゴリ
ECU (5)
ETC (5)
最新記事
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示