セローエキパイボルトナットかじりつき対策

セローのエキパイのフランジを止めているナットのかじりつき対策です。
モリブデングリスを塗布しておきました。


↓ ナットを外したところ。
  ナットを外す前にCRCをスプレー。
  ナットを緩める前に念のため、ねじ山は歯ブラシで磨いてパーツクリーナーで洗浄。
  新車時に一度ナットを外してモリブデングリスを塗布していたので割と簡単に外れました。
 
02_20160214161855ec6.jpg


01_20160214161852348.jpg

↑ボルトにはまだ、錆などなくきれい。
エキパイは、セローの宿命で茶色くなり始めてますが・・・





↓ ナットはパーツクリーナーで洗浄。

03_201602141618558eb.jpg


04_201602141618560d9.jpg

フランジのエンジン側の接触面も錆などなくきれいです。
この面にもモリブデングリスを塗布しておきます。



↓ナットのねじ部分にもモリブデングリスを塗布。

06_20160214161909ba4.jpg




↓ フランジが当たる面と、ボルトにも同様に塗布。
ボルトのねじ山は歯ブラシで磨いてパーツクリーナーで洗浄。
 
02_20160214161855ec6.jpg




ナットを締めすぎないよう注意して元に戻します。

エンジンをかけて排気もれがないか確認。
エンジン掛けると、油分が焼けてしばらく煙モクモク~
煙がふつーに立ちあがっていたので、変な排気漏れもなさそうです。

07_20160214161910a24.jpg


将来、エキパイを交換するかもしれません。
メンテナンスで外す場合があるかもしれません。
この部分は常に高熱にさらされていますし、泥などの汚れがこびりつきやすく錆やすい?場所。

ナットのかじりつき対策でした。




コメントの投稿

非公開コメント

エキパイ

こんにちは
セローのエキパイ どうしてもさびが出てきますよね
やはりみなさん悩みの種のようです
ヤマハの開発担当もわかってるはずなんですけどね

No title

fielderさん
セロー225は、ステンレスだったのかな?
250もステンレスにして欲しかった。
SP忠男のエキパイが欲しい今日このごろです。

No title

なるほど~
グリス塗っておくといいんですね。勉強になりました!
毎年冬にはエキパイのサビ取りしてましたが、ボルトも対策しないとダメですね。
近々やっておこうと思います。

先日のブレーキ清掃や小ネタのサイレンサーキャップなど、ためになる情報を載せていただいて嬉しいです。

No title

セロ尾さん
225のフランジ止めはただのボルト締め式だったようです。
カジって外れにくい場合があったようです。
250はボルトが埋め込められて、そこをナット締め。
以前よりましになったのかな。
でも、対策しておくに越したことはないでしょうね。
アクセスカウンター
最新コメント
<>+-
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitterやってます
プロフィール

青ゆず

Author:青ゆず
2012年5月、ホンダのバイクNC700Xでリターンライダーとなりました。
2014年7月にNC700Xからセロー250に乗り替え、2017年9月にセロー250からV-Strom650XTに乗り替えました。

当ブログはリンクフリーです。リンク大歓迎で、連絡は不要です。http://inasanohama.blog.fc2.com/

古〜い過去記事でもコメント戴けるとうれしいです♪

フリーエリア
カテゴリ
ECU (5)
ETC (5)
最新記事
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示