V−Strom650 タンク外し

昨日はリコール対策でショップに行ってきました。
燃料タンク外しての作業で、約1時間ほど。

作業終了してから整備の方にいろいろとお話しを伺ってきました。

タンクの外し方とか、プラグ交換の方法とか・・・
VストはV型エンジンでツインプラグ。
プラグ交換は相当大変な作業らしいです😅




そして今日、自分でタンク外しにチャレンジしてみました。
エアクリーナの状態チェックもしたかったので。



で、いきなりですが外した状態の写真 ↓







タンクを車両から完全に外すにはタンク下に接続されているパイプとか配線カプラーとかを外す必要があります。

合計4つ。

・配線カプラー
・燃料パイプ
・通気パイプ?
・水抜きパイプ

以上4つです。






↓ 配線カプラーは、爪を押して下方向に抜く。






↓燃料パイプは、緑色の爪を両側からつまんでスライド。そしてパイプ側コネクタ部分握ってをゆっくり揺すって外す。(2017~年式以降のものとそれ以前の車両はこの部分の形状は違う?)






通気パイプは、抜け防止のクリップをラジオペンチで下側にずらして外す。
水抜きパイプはそのまま抜く。
ちなみに通気パイプと水抜きパイプは径が違うので戻す時に間違えることはないと思います。






燃料タンクは後ろ上方向に持ち上げ車両から外します。
ガソリンはほとんど空にしておかないと相当重いと思います。
今回はほとんど空にしておきました。

タンク外しは、フロント周りのカウル類も外しておく必要ありです。
サイドカウルはずらしておく必要あり。(カウル類の外し方詳細は略します。)




エアクリーナはまだまだきれいでした♪
新車からまだ走行8,000kmですからね。





以上、タンク外しの備忘録として記録しておきます。

(この記事を参考にして整備される方は自己責任でね)




コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
最新コメント
<>+-
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Twitterやってます
プロフィール

青ゆず

Author:青ゆず
2012年5月、ホンダのバイクNC700Xでリターンライダーとなりました。
2014年7月にNC700Xからセロー250に乗り替え、2017年9月にセロー250からV-Strom650XTに乗り替えました。

当ブログはリンクフリーです。リンク大歓迎で、連絡は不要です。http://inasanohama.blog.fc2.com/

古〜い過去記事でもコメント戴けるとうれしいです♪

フリーエリア
カテゴリ
ECU (5)
ETC (6)
最新記事
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示