ハーフフェイスマスク

フェイスマスクを買いました。
寒い時期はアゴの周りが冷えて冷えて・・・



このフェイスマスク付けると寒さはしのげるんですが、停車すると一気にメットのシールドが曇ります。
走行中は曇りません。

停車中はシールド上げれば良いことなんで特に気になるほどじゃないですね。


そもそも寒いんで、走りに出ておりませんが・・・(爆)


ブレーキフルード交換

今日はブレーキフルード交換しました。

まずはリアから。

リアのフルードタンクはサイドカバーの中。
ちょっと外して手前に持って来て点検。



また、元に戻して・・・
蓋は開けて新品フルードを注ぎ足せるようにセット。

シリコンチューブを着けて。




ブレーキペダルをキコキコしつつ古いフルード排出~





時々、新品フルードを注ぎ足しながら




ハイ、終了!
リアはわりとやり易いですね。


今回はセローで使ってたヤマハのフルードが余ってたのでそれを使用。





きれいになりました♪





次はフロント。

フルードを誤って車体に付着させると塗装とかが傷むので燃料タンクやハンドル周りにはウエスでカバー。

フルードタンクのカバーを外し・・・







右側からやりましたが、右と左どちらからやるのがいいんでしょうか?
どっちでもいいのか?






フロント左側はブレーキレバーニギニギし難い。
体勢がキツイんです。
レンチ緩めたり閉めたり・・・レバーニギニギしたり。
手が届き難い。





はい、なんとか終わりました。

ニップルの中に付着しているフルードはコヨリで吸い取っておきました。




うーん
確認窓から観てもきれいになったのか・・・よくわからない。
ヤマハのフルードは新品でもちょっと黄色っぽいんですよね。




リアブレーキペダル、フロントブレーキレバーともに硬くなったような・・・

現在、新車から1年2か月。
走行距離8,726km。

テストランはまた今度です。



九州へ

今日の夜から九州へ向かいます。

いつもの実家帰省ですが・・・

Vストで大阪南港からフェリーに乗って新門司港まで。



なんとか天気も回復するようです☀️



ブレーキメンテナンス

ブレーキピストン清掃しました♪




先ずはリアブレーキから
12mmボルトはサクッと外れます。



奥まったところのヘキサボルト6mmはマフラーが邪魔して外し難い~






先日買った薄型ラチェットでパッドピンカバー(マイナスネジ)を外して。

パッドピンはヘキサレンチで緩めて外し









パッドはまだまだ十分。
走行距離8,400kmですもんね。





さてピストン清掃します。






ピストンプライヤーはNC700Xに乗ってた時に買ったもの





歯ブラシとシリコンスプレーでゴシゴシ

ハイ、きれいになりました♪





元に戻してリア終了




次はフロント



14mmボルトがかなり固く締まってました。
メガネレンチでフォークにキズがいかない様にウエスで養生して作業。


キャリパー外れました。
ピストン汚れてますね。




リアと同様に清掃。

ピカピカ~✨




フロントはダブルディスクなので左右とも作業。



組み付けて終了!

ちょこっと市内を走ってきました。
うん!
いい感じ。
なんかカチッとブレーキが効くような・・・

まあ気持ちの問題かもしれませんが、やっぱりきれいにしておくのはいいもんです。




琵琶湖にキャンプ

この土日、琵琶湖の六ツ矢崎浜キャンプ場に行ってきました。

前から目をつけていたところ。
一度行ってみようと考えてました。

この土日はちょっと気温も高めで天気予報も大丈夫。

自宅から約90km。
さっくと到着。昼12時着です。



琵琶湖からの風がむちゃ強い💦

なんとかテントを張り
ひと段落。

土日でファミキャンやバイカーも結構多め。




夕方まで時間がたっぷり。
近くのスーパーに食料を買い出しに。


日が陰ってきたら寒くなってきましたよ。






今回は家から焚火用の廃材を箱に入れて持ってきました。




さて、
まだ明るいけど、始めます🍺




キムチ鍋をひっくり返したり💦しながらの夕食。



うどんでシメ!





夜には風が止んでほぼ無風。
焚火タ~イム!
ワイン飲みながらまったり🍷






朝はゆーっくり撤収して帰宅。



たぶん・・・
今年最後のキャンプとなりました。

キャンプに行くたびに色々と欲しいキャンプグッズが出てくるのはなぜでしょうか😅




リアブレーキキャリパーメンテには

リアブレーキパッドを外すには、パッドピンを外す必要があります。

パッドピンを外すには、ピンをヘックスレンチで緩めて抜くようですが、ピンの頭にキャップがありますねー




わかりにくいかもしれませんが、写真で見るとマイナスネジのキャップが。







マイナスネジを外そうとよく見ると・・・
2017年式以降のVストはマフラーが邪魔して工具が入りづらい💦

そこで、
こんな工具を買ってきました。





ラチェット式の工具。
マイナスビットを使えば前述のキャップが外せます♪


今度、メンテナンスしてみます。


V−Strom650 タンク外し

昨日はリコール対策でショップに行ってきました。
燃料タンク外しての作業で、約1時間ほど。

作業終了してから整備の方にいろいろとお話しを伺ってきました。

タンクの外し方とか、プラグ交換の方法とか・・・
VストはV型エンジンでツインプラグ。
プラグ交換は相当大変な作業らしいです😅




そして今日、自分でタンク外しにチャレンジしてみました。
エアクリーナの状態チェックもしたかったので。



で、いきなりですが外した状態の写真 ↓







タンクを車両から完全に外すにはタンク下に接続されているパイプとか配線カプラーとかを外す必要があります。

合計4つ。

・配線カプラー
・燃料パイプ
・通気パイプ?
・水抜きパイプ

以上4つです。






↓ 配線カプラーは、爪を押して下方向に抜く。






↓燃料パイプは、緑色の爪を両側からつまんでスライド。そしてパイプ側コネクタ部分握ってをゆっくり揺すって外す。(2017~年式以降のものとそれ以前の車両はこの部分の形状は違う? 私の車両は2017年式以降のものです)






通気パイプは、抜け防止のクリップをラジオペンチで下側にずらして外す。
水抜きパイプはそのまま抜く。
ちなみに通気パイプと水抜きパイプは径が違うので戻す時に間違えることはないと思います。






燃料タンクは後ろ上方向に持ち上げ車両から外します。
ガソリンはほとんど空にしておかないと相当重いと思います。
今回はほとんど空にしておきました。

タンク外しは、フロント周りのカウル類も外しておく必要ありです。
サイドカウルはずらしておく必要あり。(カウル類の外し方詳細は略します。)




エアクリーナはまだまだきれいでした♪
新車からまだ走行8,000kmですからね。





以上、タンク外しの備忘録として記録しておきます。

(この記事を参考にして整備される方は自己責任でね)




リコール修理

明日、リコール修理してもらいにショップに行ってこようと思います。



修理、2時間ほどかかるらしいです。


アクセスカウンター
最新コメント
<>+-
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Twitterやってます
プロフィール

青ゆず

Author:青ゆず
2012年5月、ホンダのバイクNC700Xでリターンライダーとなりました。
2014年7月にNC700Xからセロー250に乗り替え、2017年9月にセロー250からV-Strom650XTに乗り替えました。

当ブログはリンクフリーです。リンク大歓迎で、連絡は不要です。http://inasanohama.blog.fc2.com/

古〜い過去記事でもコメント戴けるとうれしいです♪

フリーエリア
カテゴリ
ECU (5)
ETC (6)
最新記事
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示